髪の毛細くなってきた

髪の毛が細くなってきた!と思ったらやっておきたい対策3つ

 

髪の毛が細くなってきた!と思ったらやっておきたい対策3つ 

 

特に抜け毛が多いというわけでなくても、髪の毛が細くなってくると見た目の印象もだいぶ変わってきますよね。髪の毛が薄くなる=髪の毛の量が減ることだと思われがちですが、実は髪の毛の太さが半分になると、全体のボリュームも1/4になってしまうというのですから驚きです!

 

できれば、いくつになっても健康で丈夫な髪の毛を維持して、若々しい見た目を保ちたいものですよね。では、髪の毛が細くなってきたと感じた時、どんな対策をすればいいのでしょうか?厳選して3つ、ご紹介します。

 

 

頭皮ケアをしっかりとすること

 

髪の毛の土台となる頭皮をケアすることは、育毛の基礎であるとも言えます。薄毛に悩む方の大半は頭皮が硬くなった状態だと言われていますが、これは血流の悪化によって頭皮にまで血液が巡らなくなり、栄養も行き渡らなくなってしまうためです。頭皮にまで十分に栄養が行き渡らなくなると、当然髪の毛を育てる毛乳頭も影響を受け、太くしっかりした髪の毛を作れなくなってしまうのです。

 

毎日のシャンプーですすぎ残しのないように汚れもしっかり落とすことはもちろんですが、そこにシャンプー前の頭皮マッサージを加えると効果的です。おすすめなのは、親指以外の4本の指を使ってこめかみを押していくマッサージです。爪を立ててしまうと傷ついてしまいますから、指の腹で気持ちいいと感じる強さで10秒ずつぐらい押していきましょう。

 

また、ブラッシングも頭皮に適度な刺激を与えることができるのでおすすめです。ブラッシングの際は頭皮を擦るのではなく、頭皮に当たらない程度でするようにしましょう。くしをお使いの方もいらっしゃるかと思いますが、プラスチック製のものは静電気が起きやすく、髪の根元に悪影響を与えてしまいます。ですから、木製などプラスチック製以外のものを使うようにしましょう。

 

 

質の良い睡眠をとること

 

古くから“寝る子は育つ”と言われていますが、髪の毛も同様です。「大人には関係ない」、なんて、そんなことはありませんよ!午後10時〜深夜2時のゴールデンタイムにしっかり質の良い睡眠をとることで、十分に成長ホルモンが分泌され、髪の毛の成長も促します。遅くとも日付が変わる前までにはベッドに入っていられるようにしたいものです。

 

また、質の良い睡眠をとるために、寝る直前に食事をしない、寝る4〜5時間前からカフェインは摂らない、パソコンやスマートフォンなどで強い光を浴びないなども心がけましょう。

 

 

髪の毛の成長に効く栄養素を摂る

 

太くて丈夫な髪の毛には栄養がたっぷり詰まっています。素となる栄養は、もちろん日々の食事から取り込まれるものです。食事を適当にすれば、健康を損なうだけでなく、同時に髪の毛も元気がなくなってきてしまうというのは容易に想像がつくのではないでしょうか。

 

毎日バランスのとれた食事を摂るのが一番ですが、なかなかそれが難しいという方もいらっしゃいますよね。そんな時は、サプリメントで足りないと思われる栄養素を少しでも補うようにしましょう。髪の毛の成長に特に大切なのは、アミノ酸の一つであるシスチン、亜鉛、そしてビタミン類(特にB2、B6)です。ビタミン類が総合的に含まれているマルチビタミンのサプリメントであったり、育毛向けのサプリメントも出てきているので、検討してみるといいでしょう。

 

 

まとめ

 

仕事をしているとつい就寝時間が遅くなって、朝もギリギリまで寝ているということもあるかもしれませんが、これを機に早寝早起きの朝方の生活習慣に切り替えるのも良いかもしれません。

 

朝早めに仕事を始めると効率も上がるという話をよく耳にしますし、それで髪の毛も丈夫になってきたらいいことずくめですよね!ぜひこの機会にあなたの生活を見直してみてください。

 

 

※育毛剤を早期に始めるのも一つの手です。こちらでおすすめの育毛剤を紹介してますが男女共に人気がある育毛剤で、髪が太くなった人もいますので。